男の人と女の人

工事ができること

スズメバチの仲間の中には、建屋の隙間から侵入して、屋根裏などの巣を作る場合があります。こうした場合には、工事を行うことができる蜂駆除業者に依頼することで解決することができ、事前に無料見積りをとっておくと安心です。

自分でできること

作業員

家をチェックする

シロアリ対策は業者に頼むのが一般的ですが、自分で常日頃気をつけておくと被害を最小限に留めることができます。自分にできるシロアリ対策は、家の状態を観察することと、家の周りを片付けて侵入を防ぐことです。まず、最初に家の周囲の土の部分に、廃材や家具など木材を直に置いていないか確認しましょう。シロアリは木材に含まれるセルロースを餌にしているため、そのまま置いておくのは自ら餌をあたえていることになります。家の壁に木材を立てかけているのも同じことなので、心当たりのある方はシロアリ対策に木材を別の場所に移動させるか廃棄しましょう。それに、換気口の前に倉庫や荷物、室外機などものを置いて塞いでいないかも確認しておくといいでしょう。換気口は床下の空気を外界へと排出して、湿気を取り除くために設置されています。シロアリは湿気の高い場所を好むため、換気が不十分だとシロアリを招くことになります。あわせて、家の基礎部分には植木やプランターを置かず、日が当たるようにしましょう。シロアリは日陰を好みますし、植木やプランターに水をやると湿気が床下にたまります。床下も内部が見られる場所や入るところがあるなら、観察してみるのもいいかもしれません。床下に水漏れがないか、湿気が溜まっていないか、木材が傷んでいないかなど確認しましょう。家を自分で観察して、コンクリートの基礎部分や床下に蟻道がないか見ておくのもシロアリ対策です。土の線のようなものが基礎部分にあると、それは蟻道と呼ばれるシロアリの通り道かもしれません。蟻道があると家にシロアリが侵入している可能性が高いため、速やかに専門家に調査を依頼しましょう。床下に水漏れがある場合も、湿気の原因となるためそのままにしておくのは良くありません。気づいたらすぐに、修繕の工事を専門家や建設会社・工務店に相談してください。

散布機

業者への依頼が安全

自宅や周辺で蜂を大量に見かけたり巣を発見したら、直ちに専門の業者へ依頼すべきです。早めに依頼しないと被害は大きくなります。蜂の退治を行っている業者を探し、対応が良いところ、実績があるところに依頼します。アフターフォローもきちんと行う業者に任せましょう。

ハクビシン

迅速で丁寧な応対です

ハクビシンはジャコウネコ科の動物ですが、高い場所に簡単に登れるので、屋根裏などに侵入されることもあります。ハクビシン駆除の専門業者を利用すると、捕獲器を使って捕獲したり、動物の嫌いな音や臭いを発生させて撃退することが出来ます。

家

早めに業者へ依頼しよう

シロアリが発生したら、深刻になる前に早めに対策をしなければなりません。そこで、シロアリ対策の専門業者を選ばなくてはならないのですが、良い業者が大半を占める中、悪徳業者も存在しているので、しっかりとした業者選びをしましょう。

蜂の巣

手順を把握しておこう

蜂や巣の駆除を業者に申し込みする際の手順は電話やメールで依頼し、現場で見積もりを出してもらい、納得した場合は作業をしてもらうという流れです。とても簡単なので、初めて依頼する場合でも安心して申し込みできます。